商工会からのお知らせ

  2018年05月01日     お知らせ

特定外来生物「ヒアリ」の侵入防止等に係る事業者の皆様へのご協力のお願い【愛知県】

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(平成16年法律第78号)に基づき特定外来生物に指定されている「ヒアリ」につきましては、昨年6月に国内で初めて確認され以降、現在までに12都府県で26事例が確認されており、このうち、本県では6事例の確認がありました。

これらの国内への移入経路が確認されたものは、中国を出港又は経由したコンテナに由来しています。このため、国は、県内の主要港湾において侵入及び定着を防ぐための水際対策を実施しており、県、名古屋港管理組合、地元市町村は、国の行う対策に連携・協力しております。

ヒアリは攻撃性が強く、刺されてアナフィラキシーショック症状を引き起こし適切な処置を講じなかった場合、死亡する可能性があります。加えて、定着すれば、人の健康や農業等へ甚大な影響が及ぶこと、また、在来生物を集団で攻撃し捕食すること等による生態系へ影響を及ぼす可能性があります。

つきましては、ヒアリ生息地(中国、台湾等)からの輸入品及びその輸送運搬に関わる事業者(荷主及び運送事業者)の皆様におかれましては、別添資料(環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室作成)を参考にしていただき、ヒアリが侵入する危険性を低減するための対策をとっていただくようお願い申し上げます。

担当 環境部自然環境課 野生生物・鳥獣グループ
電話 052-954-6230(ダイヤルイン) FAX 052-963-3526

担当 建設部港湾課 港湾管理グループ
電話 052-954-6564(ダイヤルイン) FAX 052-953-1793





関連リンク・資料

  参考資料 (196.3KB)